住宅ローンを利用する時は登記費用なども考慮を

不動産屋やメーカーさんから100万から150万ぐらい掛かりますよと言われる事がありますが、これは住宅ローンを借りる時にかかる費用のみの金額ですので、もちろんその他の費用もかかります。具体的には有権移転及び地目変更、抵当権設定についての登記費用がかかり、さらには不動産屋さんへの仲介費用や水道加入金などその他さまざまな諸費用がかかりますので、この諸費用を見落としていると住宅ローンを借りすぎてしまったり、突然数十万の現金が必要になってしまいます。

ですので、住宅購入費のシュミレーションをしている方は全てを物件購入費用に当ててしまわないように注意が必要です。また、物件購入後に一番気をつけたいのは滞納です。滞納が続いてしまうと購入した住宅を手放さなくてはいけなくなります。返済を滞納しないようにするためにはどのように工夫すれば良いのかを紹介していきます。

一番確実な方法は、給料口座と住宅ローンの返済口座を同じにする事です。給料が振り込まれる日と返済日が近い場合はそこから引き落とされる事によって、わざわざ銀行へ行かずとも自動支払いをしてくれる事になるので忘れる事はなくなります。その他に返済口座への自動振込などのサービスをしている所を利用するという手があります。無理なく返済計画を立て、素敵なマイホーム購入のために頑張っていきましょう。